[English]
1. 氏名:久保田 達矢 (Tatsuya KUBOTA)
    Mail:
2. 専門: 地震学,固体地球物理学
3. 研究業績等
(1) 論文
  1. Kubota, T., R. Hino, D. Inazu, Y. Ito, T. Iinuma, Y. Ohta, S. Suzuki, and K. Suzuki (2017), Coseismic slip model of offshore moderate interplate earthquakes on March 9, 2011 in Tohoku using tsunami waveforms, Earth Planet. Sci. Lett., 458, 141–151, doi:10.1016/j.epsl.2016.10.047. [Link]
  2. Kubota, T., R. Hino, D. Inazu, Y. Ito, and T. Iinuma (2015), Complicated rupture process of the Mw 7.0 intraslab strike-slip earthquake in the Tohoku region on 10 July 2011 revealed by near-field pressure records, Geophys. Res. Lett., 42, 9733-9739, doi:10.1002/2015GL066101. [Link]

(2) 学会発表
  • 国内学会・筆頭
    1. 久保田達矢・齊藤竜彦・鈴木亘・日野亮太 (2017), 海底圧力計を地震計として利用したCMT解の推定, 日本地震学会2017年度秋季大会, S08-42, 鹿児島.
    2. 久保田達矢・鈴木亘・山本直孝・青井真・日野亮太 (2017), 海底圧力時間微分波形による津波波源推定手法の開発—東北地方太平洋沖地震前震 (Mw 7.3) への適用, 日本地震学会2017年度秋季大会, S17-P02, 鹿児島.
    3. 久保田達矢・日野亮太・太田雄策・稲津大祐・鈴木秀市 (2017), 2012年東北沖スラブ内ダブレット地震の震源断層モデルから検討した2011年東北沖地震による太平洋プレート内応力場の変化, 日本地球惑星科学連合2017年大会, SSS07-P04, 幕張.
    4. 久保田達矢・日野亮太・太田雄策・鈴木秀市・稲津大祐 (2016), 近地津波および遠地地震波による2012年東北沖スラブ内地震 (Mw7.2) の破壊過程, 日本地震学会2016年度秋季大会, S04-P02, 名古屋.
    5. 久保田達矢・日野亮太・鈴木秀市・太田雄策・稲津大祐 (2016), 2012年12月東北沖スラブ内ダブレット地震(Mw7.2)の断層モデルから考察した2011年東北沖地震後のスラブ内応力場, 日本地球惑星科学連合2016年大会, SSS02-P05, 幕張.
    6. 久保田達矢・日野亮太・太田雄策・鈴木秀市・稲津大祐 (2015), 2012年12月スラブ内ダブレット地震 (Mw 7.2,7.2) の津波記録から推定した震源モデルの再検討, 日本地震学会2015年度秋季大会, S04-P08, 神戸.
    7. 久保田達矢・日野亮太・太田雄策・鈴木秀市・稲津大祐 (2015), 近地海底圧力観測記録によって推定した2012年12月7日三陸沖地震(Mw7.3)に伴う津波の波源, 日本地球惑星科学連合2015年大会, HDS27-18, 幕張.
    8. 久保田達矢・日野亮太・太田雄策・越村俊一・齊藤竜彦 (2014), リアルタイムGPS解析によって推定された震源断層解の不確実性にもとづいた津波浸水予測精度の評価, 日本地震学会2014年度秋季大会, C11-09, 新潟.
    9. 久保田達矢・日野亮太・飯沼卓史・伊藤喜宏・太田雄策・鈴木秀市・稲津大祐・齊藤竜彦・金田義行 (2013), 近地津波波形解析による2011 年東北地方太平洋沖地震前震の震源断層モデル推定, 日本地球惑星科学連合2013年大会, SSS28-08, 幕張.
    10. 久保田達矢・日野亮太・稲津大祐・斎藤竜彦・飯沼卓史・鈴木秀市・太田雄策・伊藤喜宏・鈴木健介 (2012), 東北地方太平洋沖地震震源域で2011年7月10日に発生したスラブ内地震 (Mw7.0) に伴う津波とその波源, 日本地震学会2012年度秋季大会, P1-73, 函館.
    11. 久保田達矢・稲津大祐・伊藤喜宏・鈴木秀市・齊藤竜彦・鈴木健介・日野亮太 (2012),海底圧力計が捉えた3 月9 日2011 年東北地方太平洋沖地震前震による津波, 日本地球惑星科学連合2012年大会, SSS39-07, 幕張.
  • 国内学会・共著
    1. 山本龍典・日野亮太・木戸元之・太田雄策・久保田達矢・富田文章・太田和晃・長田幸仁 (2016), 精密音響測距による日本海溝を挟んだ相対運動の検出, 日本地球惑星科学連合2016年大会, S-SS02-P01, 幕張.
    2. 堀内明子・日野亮太・太田雄策・久保田達矢・対馬弘晃 (2016), 実測データを用いたリアルタイム津波予測アルゴリズムtFISH/RAPiDの性能評価, 日本地球惑星科学連合2016年大会, S-SS29-10, 幕張.
    3. 鈴木秀市・日野亮太・久保田達矢・伊藤喜宏・稲津大祐 (2015), 深海底直上における海水温鉛直勾配の長期連続観測, 日本地震学会2015年度秋季大会, S04-P07, 神戸.
    4. 堀内明子・日野亮太・太田雄策・久保田達矢・対馬弘晃 (2015), 実観測記録を用いたtFISHによる近地津波予測性能評価, 日本地震学会2015年度秋季大会, S17-04, 神戸.
    5. 日野亮太・山本龍典・長田幸仁・木戸元之・鈴木秀市・太田雄策・久保田達矢・富田史章 (2015), 日本海溝を挟んだ音響測距観測:長期・長基線・多点観測にむけて, 日本測地学会第124回講演会, 56, 福岡.
    6. 堀内明子・日野亮太・太田雄策・久保田達矢・対馬弘晃 (2015), tFISHを用いた近地津波予測の性能評価 -2011年3月9日三陸沖の地震(M7.3)を事例に-, 日本地球惑星科学連合2015年大会, HDS27-04, 幕張.
    7. 中東和夫・町田祐弥・真保敬・山田知朗・望月公廣・塩原肇・篠原雅尚・村井芳夫・日野亮太・東龍介・鈴木健介・久保田達矢・長谷川和也・佐藤利典・高田裕能・植平賢司・八木原寛 (2014), 長期海底地震観測で得られた2011年東北地方太平洋沖地震後の茨城・房総沖の地震活動, 日本地球惑星科学連合2014年大会, SSS24-P04, 幕張.
    8. 対馬弘晃・日野亮太・長田幸仁・稲津大祐・伊藤喜宏・鈴木秀市・飯沼卓史・太田雄策・木戸元之・久保田達矢・藤本博己・酒井慎一・篠原雅尚・金沢敏彦 (2012), 震源域直上の自己浮上式海底水圧計の津波記録からみた 2011 年東北地方太平洋沖地震の津波波源, 日本地震学会2012年度秋季大会, P1-71, 函館.
    9. 日野亮太・久保田達矢・伊藤喜宏・太田雄策・鈴木秀市・稲津大祐・飯沼卓史・木戸元之・長田幸仁・藤本博己・対馬弘晃・金田義行 (2012), 宮城県沖における海底圧力観測, 日本測地学会第118回講演会, 1, 仙台.
    10. 日野亮太・鈴木秀市・久保田達矢・伊藤喜宏・藤本博己 (2012), 2011年東北太平洋沖地震の震央付近における海底映像, 日本地球惑星科学連合2012年大会, SSS39-P05, 幕張.
  • 国際学会・筆頭
    1. Kubota, T., T. Saito, W. Suzuki, and R. Hino (2017), Challenge for the accurate CMT estimation of the offshore earthquakes using ocean bottom pressure gauges as seismometers, AGU2017 Fall Meeting, S34B-01, New Orleans.
    2. Kubota, T., R. Hino, Y. Ohta, and S. Suzuki (2017), The seismotectonic implications of source models of M-7 class earthquakes before and after the 2011 Tohoku-Oki Earthquake using offshore tsunami records, IAG-IASPEI 2017, J02-P-14, Kobe.
    3. Kubota, T., R. Hino, Y. Ohta, S. Suzuki, and D. Inazu (2015), Fault model of the intraplate doublet on Dec. 7 2012 derived from nearand far-field tsunami records and its implication for the post-2011 stress state, AGU 2015 Fall Meeting, T21D-2861, San Francisco.
    4. Kubota, T., R. Hino, and T. Iinuma (2014), Fault modeling of the Mw 7.0 shallow intra-slab strike-slip earthquake occurred on 2011 July 10th using near-field tsunami record, AGU 2014 Fall Meeting, T41B-4610, San Francisco.
    5. Kubota, T., R. Hino, D. Inazu, T. Saito, T. Iinuma, S. Suzuki, Y. Ito, Y. Ohta, and K. Suzuki (2012), Source models of M-7 class earthquakes in the rupture area of the 2011 Tohoku-Oki Earthquake by near-field tsunami modeling, AGU 2012 Fall Meeting, T13B-2594, San Francisco.
  • 国際学会・共著
    1. Suzuki, S., R. Hino, Y. Ito, T. Kubota and D. Inazu, (2015), Long-term continuous observation of vertical gradient of water temperature on the deep seafloor, AGU 2015 Fall Meeting, S31A-2734, San Francisco.
    2. Ito, Y., L. M. Wallace, S. A. Henrys, K. Mochizuki, C. A. Williams, R. Hino, H. Ichihara, D. Inazu, S. Suzuki, T. Yagi, T. Kubota, D. Haijima, B. Fry, and S. Bannister (2014), Transient crustal deformation due to slow slip observed on ocean bottom pressure recorders in the Hikurangi margin, AGU 2014 Fall Meeting, T51A-4599, San Francisco.
    3. Nakahigashi, K., Y. Machida, T. Shimbo, T. Yamada, K. Mochizuki, H. Shiobara, M. Shinohara, Y. Murai, R. Hino, R. Azuma, K. Suzuki, T. Kubota, K. Hasegawa, T. Sato, H. Takada, K. Uehira, and H. Yakiwara (2014), Spatial distribution of earthquakes around the southern end of the co-seismic slip of the 2011 Tohoku Earthquake, AGU 2014 Fall Meeting, S13D-4503, San Francisco.

  • (3) 受賞歴
    4. 所属学会
    5. 略歴
    6. その他
    [Japanese][English]
    一覧に戻る
    2017/10/10 更新